バードピア浜北

バードピア浜北

バードピア浜北は、静岡県立森林公園のほぼ中央に位置する「自然とのふれあい」をテーマにした施設です。

バードピア浜北について

ビジターセンター・バードピア浜北は、鳥類を中心とした「自然情報の発信」や、地元市との協働運営による「自然体験型プログラムの提供」を行なっています。(2004年3月オープン)

展示や行事などを通して森林公園の四季折々の自然を紹介し、自然の魅力を伝えたり、自然保護や環境学習の大切さを説明しています。

  • 入館料/無料
  • 開館時間/9時~16時30分
  • 休館日/毎週水曜 祝日の場合はその翌日 年末年始(12月29日~1月3日)

環境にやさしい4つのこころみ

  1. 風力発電・太陽光発電
    1. 前庭に、プロペラによる風力発電(風速秒速12.5mで300Wの発電出力)と太陽光パネル110Wを組合せたハイブリッド型風力発電機2基を設置。2基で夜間外灯2基を点灯させます。(外灯1基につき35W)
    2. 発電力3kw(30Wの蛍光灯100本分)の太陽光発電を設置。
  2. 屋上緑化
    屋根にヤシガラマットを敷き、野芝を張ることで、建物への熱負荷を抑え、省エネ効果をもたせています。
  3. 雨水利用
    屋根に降った雨水を地下のタンクに溜め、トイレの流し水・屋根の散水・手押しポンプなどに利用しています。
  4. 静岡県産材の活用
    地元の天竜川水系産スギ・ヒノキを、床やテラスなどに使用しています。

※1.~3.の状況は、随時館内の「環境モニタリングシステム」の画面で確認することができます。

館内ガイド

フロント/事務所

常駐スタッフが自然情報や公園の利用についてみなさまのさまざまな質問にお答えします。お気軽にお声かけください。

航空写真・地形ジオラマ

森林公園を中心に県西部を上空から撮影した航空写真や虫眼鏡をかたどった地形ジオラマで森林公園の地形を再現しました。

地形ジオラマ・季節のスケッチブック

足元に、アカマツ林・湿地・モミジバフウ林・雑木林を再現しました。森林公園の春夏秋冬の見どころを紹介した4枚のパネルも展示しています。

体験テーブル

カモパズル、どんぐりパチンコ、図書コーナー、鳥の鳴声、ミクロの世界(マイクロスコープ)・森の香り、鳥のレストラン、足あとスタンプなど、体験して自然に親しむコーナーです。

森の広場

巨大な鳥の巣の模型や、巨大かたつむりの模型に入って遊ぶことができます。

バードツリー

コナラをかたどった木に4種の野鳥模型がかくれています。

森の体験ジオラマ

森林公園の昼と夜の生き物たちの様子を再現しています。
足元のディスプレイには川の映像が約2分間流れます。その間「フクロウおじさん」がやさしく案内してくれますよ。

観察テラス

森林公園の「野鳥の森」方面を眺められるテラスです。望遠鏡や双眼鏡の無料貸出も行っています。

小鳥のラウンジ

腰をおろして休んだり、本をゆっくりと読むスペースです。

動植物の展示ケース

  • 野鳥の巣いろいろ、野鳥の羽いろいろ、野鳥の食痕 など
  • 動物の糞いろいろ、セミの抜殻いろいろ、昆虫標本 など
  • 植物パネル、マツボックリいろいろ、マツボックリの種 など

創作展示室

館内の創作展示室では、自然をテーマとした作品を展示するスペースとして活用しています。
月に約2回、展示の入替えをしています。

一般の方のご利用も受け付けています。
使用を希望される方は、お気軽にビジターセンターまでお問い合わせください。